週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「村田修一を『戦力外』にした狙いはただ1つ。岡本和真よ、打撃で『ツボを作る』ことが重要だ」

 

村田が戦力外になって岡本にはチャンス。秋から冬、そして春を越えて大きく成長してほしい/写真=大泉謙也


 今年のドラフトの超目玉だった早実・清宮幸太郎は7球団が競合した結果、日本ハムが交渉権を獲得した。クジを引いたのは、巨人時代の後輩で、教え子でもある木田優夫GM補佐。私にとっては、違った意味で印象深いドラフト会議になった。清宮君だけでなく、ドラフトにかかった選手たちは、希望に胸をふくらませて、来春のキャンプを待っているところだろう。

 来る人がいる一方、今年もまた数多くの選手たちがユニフォームを脱いだ。やり尽くして、満足しながら第二の人生に踏み出す者、夢半ばにして球界を去らざるを得なかった者。さまざまな人生模様が描かれるのもこの時期だ。

 古巣の巨人では、村田修一が自由契約になった。決して・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー