週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「2018年巨人のカギを握る右腕・畠世周は『2年目のジンクス』を払拭できるか」

 

1年目に6勝をマークした畠。2年目の今季、どこまで白星を積み重ねることができるか/写真=高塩隆


 大谷翔平のエンゼルス入団で、スターがまた1人いなくなる2018年の日本球界。大谷に代わる若い選手が出現して、球界を活気づかせてもらいたいものだ。

 球界もそうだが、わが古巣の巨人も若い選手の台頭が叫ばれて久しい。ドラフト上位で取った選手が伸び悩んでいるのが、ここ1、2年の現状だ。投手ではドラフト1位の桜井俊貴、野手では重信慎之介ら。大学卒の選手は即戦力の期待を背負って入団してくるから、1、2年目からそれなりの成績を残さないとファンが納得しない。2017年の1位・吉川尚輝にもそれが言えるし、高校出で4年目になる15年の1位・岡本和真も、その中の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング