週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

高校野球でもプロ野球でも野球の真理は不変。ミスは勝利から遠ざかる最大要因

 

ミスもあり、西東京大会決勝で敗れた早実/写真=窪田亮


 夏の甲子園で熱戦が続いている。1球に青春をかけたプレー。高校球児たちのハツラツとした動きには、私も目が奪われてしまう。

 しかし、一生懸命なプレーを続けても、ミスを犯したほうが負けに近づく。これは少年野球から、プロまで野球というゲームの不変の真理なのだと、あらためて気が付くことが多い。その思いを強くしたのは、東京都の西東京大会の決勝を見たときだ。

 7月30日、神宮球場で行われた早実と東海大菅生の一戦。早実に、通算本塁打記録でも注目されていた清宮幸太郎君がいるとあって、大会史上最多の3万人もの大観衆が詰めかけた。

 試合は早実の雪山幹太君、東海大菅生の松本健吾君、両先発の好投で白熱した滑り出し。だが、ミスから、その流れがガラッと変わった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー