週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

【夏の甲子園】日本ハム 石川直也投手「高校最速を出したあの夏の記憶」

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。

今週のテーマ「夏の甲子園」


スタンドからの大声援も印象深かったという石川


 山形中央高の3年夏に甲子園(2014年)に出場して当時の最速を記録したことが思い出です。2回戦の東海大四高戦でマークした148キロが高校時代の自己最速となりました。そのボールで空振り三振、しかもストレートで取れたことがうれしかったですね。

 投げているときはスピードガンの表示を見ていなかったので、すぐには気づきませんでした。ベンチに戻ってからチームメートに聞きました。春のセンバツにも出場しましたが、やっぱり夏のほうが声援も大きかったですね。1球ごとにスタンドから歓声が起きるのがビックリしました。3年夏は3試合をやりましたが、第1試合か第4試合だったので、暑さとかは予想していたよりは大丈夫でしたね。

写真=BBM

関連情報

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー