週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

巨人・畠世周投手「まさか囲碁で単位がもらえるとは」/大学生のころ

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「大学生のころ」です。

巨人・畠世周投手


囲碁には自信がるという畠投手


 近大では授業に出られるときは全部出ていました。楽しかったのは囲碁の授業ですね。最初はルールも分からなかったんですけど、「囲碁をやって単位をもらえるの!?」と思って履修してみたら、けっこう強くなりました。半年間、50人ぐらいのクラスで2回しか負けませんでしたから。

 僕がドラフトにかかったとき、囲碁の先生が後輩たちに「囲碁にも“勝負勘”が大事。やっぱり畠君は賢かった。囲碁でも1、2番を争っていた」と授業で言っていたというのをあとで聞いて、うれしくなりました。コツはというと、やっぱり勝負事は、先を読むことが大事だと思いますね。野球ではまだまだだと思いますが、囲碁は自信があります。

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー