週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

巨人・大城卓三捕手「自分のチームを勝たせた捕手が勝ちです」/ライバル

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。

巨人・大城卓三


捕手としては所属するチームの勝利が何よりも重要だと話す巨人の新人・大城卓三


 個人的にライバルとして見ている選手はいません。でも、社会人時代は対戦相手の捕手には負けたくないと思って、プレーしていました。

 攻撃中や試合に出ていないときにベンチから試合を見ていても、つい相手の捕手の動きを目で追っていました。その選手がすごく速い送球で盗塁を刺すのを見ると、「おれも負けたくない!」と思って、自分が投げるときも、つい力が入ってしまったり……(笑)。捕手に打たれたら、自分も次の打席で打ってやると思っていました。

 でも、捕手はチームが勝ったときに評価されるもの。自分のチームを勝たせた捕手が勝ちだ、と思ってプレーしています。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング