週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

阪神・藤浪晋太郎「やはり野球でいい結果を出しストレスを吹き飛ばすしかないです」/ストレス発散法

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ストレス発散法」です。

阪神・藤浪晋太郎投手


釣りをしていても野球のことがよぎるという藤浪。やはりいい結果を出してストレスを解消するのが一番だという


 う〜ん、なんでしょうかね。難しいですね。趣味だったら釣りとかになるんでしょうけどね。シーズン中も時間があるときはよく釣りに出掛けますよ。でも、それでストレスを発散できているかと言えば、そうではないかなと思います。釣り糸を垂らしている時間にも、ふと野球のことを考えたりしますしね。僕は基本的に、野球のストレスは野球でしか消すことはできないと思っています。

 お酒を飲んでも趣味に時間を使っても、もちろんその瞬間は楽しいんですけど、野球のストレス自体を消し去ることはできないですからね。だから一生懸命練習して、プレーで結果を出してストレスを吹き飛ばすしかないと思っています!

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング