週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

ヤクルト・塩見泰隆「油をどこにどう分配するかを決めていました」/社会人時代のお仕事

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「社会人時代のお仕事」です。

ヤクルト・塩見泰隆外野手


研修で油を作るところを見学した


 昨年までJX-ENEOSにいました。そこでは物流関係の部署で働かせていただき、主にしていた仕事はデスクワークです。パソコンのエクセルあるじゃないですか? それを使っていろいろ業務をしていましたね。あとは、油を生成する現場に研修というか、出張に行って油を作るところを見たこともあります。どういうふうに作られているのかとか。

 デスクワークでは物流の部署だったので、油をどこにどう分配するかというのを決めていました。ガソリンスタンドを「SS」と呼ぶのですが、どこのSSがいまガソリンを必要としているかとか確認して。お盆休みとかはなくなるのが早いので、早めに補給する指示を出したりしていましたね。

写真=BBM

関連情報

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング