週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「中西太の打球」

 

中西さんの本塁打は内野手が飛びつくほど低い弾道だった


 今回は、読者の質問から話を進めてみよう。

「最近プロ野球を見ていると、打球音がペチッとかペキッとか冴えない音ばかり。王、長嶋の時代は圧縮バット全盛だったこともありますが、もっと乾いたようなクリアな打球音で、臨場感があったように思います。打球音でときめくことは、もうできないのでしょうか」(密原さん)

 打球音に関して、私はまったく意識も確認もしたことがなかった。私たちにとっては毎日のことで、おそらく耳慣れしてしまっているのだろう。「遠くへ飛んでいく=芯に当たっている」ということ。グシャっと詰まれば、音も悪い。それより細かい打球音の違いは、ファンの方が興味もあるだろうし、敏感なのかもしれない。

 ただ前にも書いたとおり、素振りについては“音”で判断した。夜中、一人で素振りをする。バットを振ったとき、「ブッ」と音がすればOK。「ブ〜ッ」と長いときはよくない。「ブッ」と音がするまで、何回でもバットを振った。

 他人の素振りの音では、中西太(西鉄)さんの素振りが強烈だった。大阪球場で、私たちは一塁側、西鉄は三塁側。三塁側ベンチ前で中西さんが素振りをすると「ブンッ」という音が一塁側まで聞こえた。「すげえな」と皆で顔を見合わせたものだ。

 あんな音が聞こえたのは、中西さんただ一人だったと思う。私たちキャッチャーなど、目の前でブンッと振られるのだから、迫力はさらにケタ違いだ。太さんはまず体から違う。上背は私より2センチほど低い程度で、ほぼ同じ。しかし体重は10キロ近く多かった。力士のような体で、柔らかい。彼は力士になっても一流だっただろう。

 今でいうと、西武中村剛也に似たタイプか。素振り一つ、フリーバッティング一つとっても、絵になった。「(打球が)ピンポン玉のように飛んでいく」という表現は、中西さんの打球から生まれたはずだ。

 中西さんといえば、「内野手がライナーだと思って飛びつこうとしたら、打球がグーンと伸び、スタンドに突き刺さった」というエピソードが有名。南海のセカンドを守っていた岡本伊三美さんも、同じようなことを言っていた。平和台で岡本さんの頭上を通過した弾丸ライナーが、右中間スタンドに突き刺さったときだ。

「いやあ、別にオーバーなこと言うつもりはないんだけど、俺、本当に飛びつこうと思ったわ」

 それくらい低い弾道で飛んでいったということだ。

怪童と呼ばれた中西太の打球はとにかくすごかった[写真=BBM]


“感覚”は教わるのではなく自分で覚えていくもの


 とにかく打球の迫力は、ケタ違い。今思えば、逆に“打球の極意”を知らなかったのではあるまいか。当時はほとんど誰も、専門知識など持ち合わせていなかった。「力がある」「足が速い」そんな表現で、今で言う“技術”を語っていたと思う。ホームランにしても、フェンスギリギリだろうが場外ホームランだろうが、1本は1本。そういうフェンスギリギリに入れるコツを中西さんが知っていたら、50本、60本軽く打っていただろう。

 中西さんと対照的なのが、山内一弘(毎日ほか)さんだった。軽く打った打球が、定規で測ったかのようにポトンッとスタンドへ入る。山内さんは、「シュート打ちの名人」と言われた。内角のさばき方が、今思えば理にかなっていた。体重をほとんど軸足に残したまま、その軸でクルッと体を回転させて打つ。中西さんは足腰の使い方が基本で、打つ瞬間に軸足をずらし、前足にグッと体重移動させて打った。豪快に、パワーで飛ばす感覚だ。

 私は2人のバッティングをそれぞれマネし、結果、自分には山内型がしっくりくると判断した。山内さんのスタイルを模倣し、そこにプラスアルファ、自分流を加えていった。私たちの時代は「気合だ、根性だ」で技術は教えてもらえなかったが、逆に今のコーチは教え過ぎなのではないだろうか。

 前回も書いたが、自分の好みや感覚で教えず、「この選手にはどういう打ち方が合うか」見つけてやるのがコーチの仕事。選手一人ひとり、握力、体の柔軟性、バネ、走力、すべて違う。自分流を押し付けるのは、ヘボコーチである。

 私はよくミーティングで若い選手に、「“感覚”と黒板に書いてみなさい」と言って書かせていた。「何か、感じないか?」。感覚は体力、気力、知力の知力と同じくらい大切なものだ。

「感じて覚える、と書くとおり、それは人から教わるものじゃない。自分で覚えなさい」

 選手側も、監督、コーチの指導がすべて正しいと思わないことだ。最終的に自分に合うものを見つけるのは、自分自身である。

PROFILE
のむら・かつや●1935年6月29日生まれ。京都府出身。54年にテスト生として南海に入団し、56年からレギュラーに。78年にロッテ、79年に西武に移籍し、80年に引退。歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王に輝いた強打と、巧みなリードで球界を代表する捕手として活躍した。引退後は90〜98年までヤクルト、99〜2001年まで阪神、03〜05年までシダックス(社会人)、06〜09年まで楽天で監督を務め、数々の名選手を育て上げた。その後は野球解説者として活躍、2020年2月11日に84歳で逝去。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング