週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「契約更改」

 

3年連続2冠王に日本一で大減俸


 連日、契約更改のニュースがメディアをにぎわせている。

 私は現役時代、契約更改では常に一発サインをしていた。球団の提示額に、そのままポンッとハンコを押すだけ。だから5分もすれば、ドアを開けて出てきてしまう。お金のことでゴタゴタするのは、嫌だったからだ。

 しかし、あれは忘れもしない1964年のことだ。東京オリンピックの年だった。私は打率こそ前年の.291より低い.262だったが、41本塁打、115打点で3年連続の2冠王。チームはリーグ優勝し、日本シリーズも4勝3敗で阪神を下した。当然「どのくらい上がるかな」と楽しみにしながら、契約更改に臨んだ。もちろんポケットには、すぐ出せるようにハンコが入っていた。

 次の瞬間、私は提示額を見てわが目を疑った。減俸である。何かの間違いだと思った。しばらくその数字をボーッと見ていたが、そこで何も言わず、席を立った。「失礼します」プロ野球人生初めての提示額拒否だ。

「まあ、座れや」

 交渉を始めようとする新山滋社長を「いや、結構です」とさえぎり、私は部屋を出た。

 減俸といっても、ただの減俸ではない。大幅減俸だ。プロ野球には減額制限があり、それ以上の減俸額を提示して選手が同意しなかった場合は、球団はその選手に対する保有権を放棄し、自由契約とするルールになっている。提示額を見た私は一瞬、自分が自由契約になったのかと思った。それほどの大減俸だった。

 その後も球団とは何度か話し合ったが、お互い歩み寄ることはなかった。そして年を越し、キャンプがやってきた。契約していなければ、キャンプは自費参加である。自腹を切ってキャンプに参加し、そこでも交渉は続いた。結局2月の終わりごろ、約5%の減俸額まで譲歩したところで、しぶしぶサインした。

 まさか2冠王に日本一で減俸とは思わなかった。私はハンコを押し、最後に捨てゼリフを吐いた。

「じゃあ、年俸を上げてもらうにはどうしたらいいんですか?」

 すると新山社長はニヤッと笑い、「三冠王しかないじゃないですか」と答えた。

現在は西武・秋山がシーズン最多安打記録を作り8800万円増の推定1億5000万円で更改したように成績を残せば景気よく年俸も上がるが、筆者の現役時代は日本一&2冠王に輝いてもダウン査定のときがあった[写真=大泉謙也]



兼任監督の給料計算で大きな食い違いが


 新山社長はこの年、南海ホークスの球団社長に就任したばかり。長年赤字を抱えてきたチームを立て直そうと、次々新しい経営戦略を展開した。赤字幅を減らすには、もう選手、監督の年俸を削るしかなかったのだろう。なんといっても一番手っ取り早い方法だ。そのあたりの手際も鮮やかだった。

 通例、私のような高給取りのベテランは、チームのトリのほうで更改する。しかしこの年に限って、私が先頭バッターだった。それはすなわち、「今度の社長は厳しいぞ。お前ら選手は、給料をもらい過ぎなんじゃないか」というメッセージ。契約更改が終わった後、私が新聞記者に囲まれてワイワイ言うことも、計算済みだったはずだ。私はうまく利用され、ほかの選手への見せしめにされてしまったのである。「あの野村でも減俸なのに……」。それが、ほかの選手たちに減俸を承諾させる殺し文句だ。

 ところが、私の大減俸が影響を及ぼしたのはチーム内だけではなかった。突然、張本(勲=当時東映)から電話がかかってきた。

「ノムさん、いい加減にしてよ!」

「なんで?」と聞くと、「2冠の野村が減俸なんだ。お前が減俸なのは、当たり前だろう」と契約更改で言われたのだそうだ。まさか事がそこまで波及しているとは思わなかった。

 私は翌年、公言(?)どおり三冠王を獲り、年俸を上げてもらった。

 しかし69年のシーズン後、私はまた年俸のことで球団と交渉しなければならなくなった。兼任監督を打診されたときだ。選手としての年俸に、監督としての年俸を合わせた額が提示されると、こちらは考えていた。ところが実際の提示額を見ると、選手としての年俸に、ほんのちょっとの金額が上乗せされているだけだった。

「私が監督就任を断ったら、だれか監督を連れてこなければならない。そうなれば当然、その人に監督料を払うことになります。私一人にお金が入ると思うから、腹が立つんでしょう。それで、こんな金額になるんじゃないですか。それなら、大変な責任を背負わされ、しんどい思いをしてまで兼任監督はやりません。選手一本で行きます」

 社長はおそらくオーナーと相談したのだろう。そこで初めて、1億円を超える額が提示された。日本プロ野球界初の年俸1億円は落合博満(87年=当時中日)とされているが、実は私が第1号なのだ。

PROFILE
のむら・かつや●1935年6月29日生まれ。京都府出身。54年にテスト生として南海に入団し、56年からレギュラーに。78年にロッテ、79年に西武に移籍し、80年に引退。歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王に輝いた強打と、巧みなリードで球界を代表する捕手として活躍した。引退後は90〜98年までヤクルト、99〜2001年まで阪神、03〜05年までシダックス(社会人)、06〜09年まで楽天で監督を務め、数々の名選手を育て上げた。その後は野球解説者として活躍、2020年2月11日に84歳で逝去。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング