週刊ベースボールONLINE

ノムさんコラム

今週の主題「広瀬叔功」

2017年1月12日(木) 13:00 


当連載の著者、野村克也氏への野球に関する質問をユーザーの皆様に募集します。上記のリンクからお寄せください

俊足、強肩と負けず嫌いが外野の好守備につながった


 FAでの阪神入りを決めた糸井嘉男は、私と同じ京都の出身。それも、わが故郷・京丹後の隣町・与謝野町の出身なのだそうだ。昨年12月上旬には京丹後でトークショーを行い、大盛況だったと聞く。昨季、西武金子侑司と並び、パ・リーグ盗塁王に輝いた糸井(当時、オリックス在籍)。トークショーでは「縦ジマでも盗塁王を」とファンに約束したという。

 ところでこの盗塁王、私のプロ入り10年目までは連盟表彰がなかったことをご存じだろうか。1964年、盗塁王が連盟表彰となったのは、わが南海時代の同僚・広瀬叔功があまりに走り過ぎたからだ、と言われている。その64年、広瀬の盗塁数は自己最多の72個。とにかく全身バネ、と言っていいほど身体能力に優れた選手だった。

歴代2位の通算596盗塁をマークした広鵝E靂櫃亡悗靴独学を持っていた/写真=BBM


 広瀬は私の2年後、同じテスト生として南海に入団した。当初はピッチャー。ところが、これが何ともおかしな投げ方をするピッチャーだった。体は175センチあるかないかと小柄だし、ピッチャーとしてはとてもプロではやっていけそうにない。しかし足はメチャクチャ速く、体のバネが素晴らしかったため、野手に転向することになった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング