週刊ベースボールONLINE

ノムさんコラム

今週の主題「“知”と“信”」

2017年3月19日(日) 11:00 


当連載の著者、野村克也氏への野球に関する質問をユーザーの皆様に募集します。上記のリンクからお寄せください

「努力も才能のうち」は夢への執念の強さがもたらす


 私は京都府下のド田舎育ちだ。子ども時代はテレビもなく、プロ野球の情報はほとんど入ってこなかった。そんな時代、あこがれ、思い描いたプロ野球界は「全員が24時間野球漬け」の世界だった。ところがテストに合格し、入ってみてビックリ。キャンプでは全体練習が終わるや、宿舎から選手の姿が消えた。シーズンが始まっても、遠征に出かければ同様。残っているのは監督とマネジャーばかりだった。

 先輩方に誘われもしたが、私はあの時期、朝から晩まで野球、野球。野球のこと以外、頭に浮かばなかった。シーズンオフも、田舎へは帰らなかった。「頑張るのは今、人が休んでいるときだ」――あのころの私の考え方は、正しかったと思う。小さい鳥小屋のような室内練習場で、ガムシャラにバットを振り続けた。

 4年目にレギュラーを取ったとき、先輩捕手の松井(松井淳)さんに、「まさかお前に抜かれるとは夢にも思わなんだ」と言われた。それほどノーマークのテスト生だったのだ。

 中には「努力も才能のうち」と言う人もいる。どうだろう。プロ野球は生身の人間の世界だ。機械に頼るわけでもなければ、人に助けてもらうこともできない。自分しかないのだから、自分が努力するしかない。こんな単純なものはないはずだ。ところが努力というのは厄介で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー