週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「楽天監督交代」

 

平石監督代行はどのようにしてチームを立て直すか/写真=小倉直樹


私も監督就任は30代半ばだった


 楽天梨田昌孝監督が辞任。これで今や、キャッチャー出身の監督が12球団にいなくなってしまった。

 まだシーズンは約半分。最下位と決まったわけでもないのに、随分、早い決断だった。梨田自身、「借金20」を辞任のラインと決めていたようだ。そして6月16日、楽天はそのラインに達した。

 梨田の辞任から間もなく、ヘッドコーチ・平石洋介の監督代行昇格が発表された。平石は、ご存じ『松坂世代』の一人。1998年夏の甲子園、準々決勝で松坂大輔(現中日)擁する横浜高と、延長17回の大熱戦を演じたPL学園高の主将である。平石はその後、同志社大、トヨタ自動車を経て2005年、ドラフト7巡目で楽天入りした。

 つまり06年から09年、私の楽天時代には監督─選手として接していたということだ。しかし正直なところ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング