週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「プロ野球人生」

 

筆者は西武時代の80年、45歳のシーズンでユニフォームを脱いだ/写真=BBM


「名解説者になろう」と30代から準備をスタート


 シーズン終盤から各球団の引退、戦力外通告選手が続々、発表されている。自ら現役生活に幕を引いた選手、戦力外を通告されて引退を決意した選手、なおも現役続行を模索する選手……年齢も、彼らを取り巻く状況も、野球人生に対する考え方も千差万別で、先にはいくつもの道が待ち受けている。

 私は45歳で、現役を引退した。

 自分の理想よりはやや早かったが、今でも歴代年長記録の五指程度には入っているはずだ。プロの世界は、厳しい。いらなくなれば、ポイポイ捨てられるのが、この世の常である。

 一般社会でいえば“働き盛り”の30代で、多くが選手生活に終わりを告げる。現役時代は怖いものなどなくとも、現役を終わってからの人生は想像以上に長い。

 野球選手にとって引退後、どう生きるかが、人生で最も大事なポイントといえよう。ところが、だいたいの選手は現役時代・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング