週刊ベースボールONLINE

2017タイトルホルダーインタビュー

ソフトバンク・東浜巨インタビュー 最後まで揺れなかった心 「結果に一喜一憂することなく1年間やり通す、ということがテーマだった」

 

核となるべき先発投手に故障者が相次ぐ中で、先発陣の軸としてエースと呼ぶにふさわしい活躍を見せ、2年ぶりの日本一奪回に大きく貢献した東浜巨。最後まで先発ローテーションを守り抜き、最多勝のタイトルも獲得。飛躍の最大の要因は、心技体の中で“心”が磨かれたことだ。
取材・構成=杉浦多夢、写真=毛受亮介、小山真司、小河原友信

パ・リーグ最多勝利投手賞 16勝初受賞


いつでも自然体でマウンドに上がれた


──最多勝を獲得し、チームへの貢献という意味では東浜選手にとってこれまでとは違った日本一になったのではないでしょうか。

東浜 そうですね。しっかりと仕事ができた上での日本一だったので、それはよかったなと思いますし、自分にとっても大きかったですね。日本一になった直後はテレビを見たり、街を歩いていても日本一セールをやっていたりしたので、そういったところで「日本一になったんだな」と実感していました。

──日本シリーズという舞台の雰囲気はペナントレースでの試合とは違うものでしたか。

東浜 短期決戦で負けたら終わりというところで、球場の熱気や雰囲気というのはやはり違いましたね。投球の内容的には、自分の中では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー