週刊ベースボールONLINE

2017タイトルホルダーインタビュー

ソフトバンク・千賀滉大インタビュー 苦しみの末に── 「もうない、と思っていたものがいきなり転がり込んで不思議な感じだった」

 

千賀滉大は、WBCでベストチームに選ばれ、開幕してからも先発ローテの軸として好調な滑り出し。しかし、ある試合を境に状況が一変する。登板するごとに襲われる背中の張りと痛み。それでも最後まで腕を振り続け、念願のタイトルと日本一にたどり着いた。
取材・構成=杉浦多夢、写真=湯浅芳昭、毛受亮介、桜井ひとし、佐藤真一


自分自身の出力に体がついていかなかった


──2017年シーズンはチームの2年ぶりの日本一奪回に大きく貢献しました。

千賀 これまでと比べてもチームに貢献することができたと思います。日本一になった直後は「おめでとう」という声援をたくさんいただいて、あらためて日本一を実感することができました。長い1年だったので、日本一で終わることができて良かったです。

──WBC出場から始まったシーズン。あらためて振り返ると。

千賀 長くて濃い1年でしたね。3月にWBCで違う野球を見ることができて、日本の野球との違いを実感できたし、野球の見方が広がったような気がします。だからといって日本でのプレーに変化や影響があるわけではなかったですし、具体的に何かと言われると説明するのは難しいのですが、すごいものを見てきたなという感覚はありますね。

──メジャーへのあこがれにつながるものだったのでしょうか。

千賀 まあ、そうですね。自分がもしこの世界に飛び込んだらどうなるんだろう、という気持ちは正直ありましたね。すごく、不思議な感覚でした。

──迎えたペナントレース。どんなシーズンにしたいと思って開幕を迎えましたか。

千賀 WBCがあったので、とにかくケガをせずに1年間、先発ローテーションを回りたいという思いが一番強かったです。

──しかし、背中の張りに苦しめられることになってしまった。

千賀 シーズン中はほとんどずっと背中が痛かったので、苦しかったですね。特に登板したあとは張りと痛みが一番強く出ていたので、なかなかしんどかったです。

──疲労の蓄積が原因だったのでしょうか。

千賀 もちろんそれもゼロではないと思いますけど、それ以上に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング