週刊ベースボールONLINE

惜別球人2018

本多雄一 引退惜別インタビュー 常に100%を求めて 「“常に一生懸命やる”のが自分の持ち味。そこを変えるということは納得いかない」

 

10月13日、今年も両リーグのレギュラーシーズンが終わりを告げた。それと同時に自らのプロ野球人生に幕を下ろした男たちもいる。引退選手にスポットを当てるオフ恒例の『惜別球人』。今週は2本立てでお届けしよう。まずは地元・福岡で“走”にこだわり続けた本多雄一だ。笑顔が印象的な背番号「46」は、タイトルにも、自分のプレーにも貪欲に、決して妥協することなく、13年を駆け抜けた。
取材・構成=菅原梨恵 写真=湯浅芳昭、BBM


首痛と家族への思い


 最後の最後まで、本多雄一は本当に笑顔だった。しかし、その笑顔の裏には隠された葛藤があった。2012年に痛めた首は年々、“鷹のスピードスター”を苦しめ、ついには大きな決断をさせた。

──10月6日の引退試合(西武戦、ヤフオクドーム)から、数日が経ちました。

本多 試合を終えて、セレモニーを終えて、あらためて「引退したんだな」という実感があります。10月6日は13年間の思いをかみしめながら試合をさせてもらいました。

──1313試合に出場。引退の最後の試合は、これまでの試合とは違いましたか。

本多 これまでの試合はやはり準備を含めて試合に臨む気持ちというか、気を張っていました。引退試合は、最後くらいは思う存分、野球というものを楽しみたいなと思って試合に臨みましたね。プロ生活を13年間やらせてもらって、心から「うわー、いま楽しいな」と思うことってそうなかったんです。でも最後の引退試合は、心からありがとうの気持ちを込めて野球に向き合いたいな、楽しくやりたいなと。

──いかがでしたか。

本多 ものすごく楽しみましたよ!(笑)。チームメートの喜びも一緒に共感できましたし、守っているときも、打っているときも、走っているときも“楽しい”をかみしめながらやれました。

──第4打席で三塁打、第5打席では二塁打。見ているほうとしては、まだまだやれるのでは、と感じてしまいました。

本多 周りからはね、「まだできるんじゃないか」と言ってもらって。そういうふうに見えてもおかしくないと思いますし、自分でもあれだけ最終戦でやれた。三塁打、二塁打、盗塁も。記録にはならなかったですけど(次打者・上林誠知への死球)、ああやってスタートを切れたことが自分にとってもよかったです。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

惜別球人

惜しまれながらユニフォームを脱いだ選手へのインタビュー。入団から引退までの軌跡をたどる。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング