週刊ベースボールONLINE


Vol.1 清宮幸太郎(早実・内野手) 将来性満点、天性のホームランバッター

 

来年のドラフトまで1年を切り、2017年対象選手の連載をスタート。第1回は名門・早実のスラッガーとして、1年春から脚光を浴びてきたアーチスト・清宮幸太郎。大学生、社会人を含めてもパワーにおいてはNo.1だ。


 中学1年時、アメリカで行われた世界大会で豪快なホームランを放ち、現地メディアから「和製ベーブ・ルース」と呼ばれ、勝負強さを兼ね備えていた。早実1年時には夏の甲子園で2本塁打をマークし、観客を驚かせた逸材である。来年のドラフトでは、大学生や社会人の対象選手と比較しても、スイングスピードでは引けを取らないのではないか。とらえたときの打球スピード、飛距離は天性のもの。ドラフトの目玉選手になる。

 打撃フォーム(9.5)では両ヒザ、リストが柔らかいのが持ち味。秋季都大会3回戦(対片倉高)では約1年ぶりに三振を喫したが、長打を打ちながらも、ミートがうまい証拠だ。あえて課題を挙げるとすれば、バックスイングをもう少し早めに取ってもいいのではないか。上のステージに進めば、投手のボールのスピードやキレは、想像以上だと思う。さまざまな投手に対応するためには始動を早め、自分の形でしっかりと振れるようになることが大事になってくる。

 選球眼(9.0)も良い。相手バッテリーは厳しいコースを突いてくる場面が多い中、誘い球に手を出さず、低めの見極めもできている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

プロフェッショナルレポート

元巨人チーフスカウトで現在はベースボールアナリストとして活動する中村和久によるドラフト候補生の能力診断。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー