週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材発掘

高良一輝(九産大・投手) 「一般組」から這い上がった147キロ大学生右腕

 

ラストイヤーの今春、アピールが必要だったが、リーグ戦の登板を回避した。すべてが指揮官の「将来」を見据えた配慮。だが、エース抜きの戦いでも投手層の厚さで、3年連続での大学選手権出場を決めた。昨年、飛躍を遂げた全国舞台だが、復活へ向けて我慢のときを過ごしている。
取材・文=岡本朋祐、写真=BBM

右足内転筋痛で故障離脱前、ソフトバンク三軍との試合では5回をパーフェクト。春のリーグ戦は未登板も、その実力は誰もが認めるところだ


今春は登板なしも高評価は変わらず


 九産大は福岡六大学リーグで2季ぶり37度目の優勝を決め、6月6日に開幕する全日本大学選手権(3年連続17回目)へ出場する。最終週、勝ち点4で並んだ九州共立大との直接対決。九産大は1回戦を落とし、王手をかけられてから2連勝という“逆転V”だった。プロ注目の147キロ右腕・高良一輝はベンチで歓喜を迎えている。エース不在の中、伊藤奨太(4年・九州学院高)が先発と救援にフル回転してMVPを獲得。また、浦本千広(1年・必由館高)、草場亮太(3年・伊万里商高)らがカバーし、選手層の厚さを見せた。

 高良にアクシデントが襲ったのは3月中旬だった。3月16日、ソフトバンク三軍との交流試合(小郡)で5回をパーフェクト。7奪三振でプロを圧倒してみせたが、球速は130キロ台。カーブ、スライダー、スプリットを駆使して、コーナーに丁寧に投げていたが、実はこの段階で右足内転筋に“違和感”を覚えていたという。1週間後のオープン戦でも先発したものの、本来のボールのキレとはほど遠い。大久保哲也監督が高良に直接確認すると、故障であることが分かった。

 以降は治療に専念して4月20日に開幕したリーグ戦(対日本経済大)はメンバー外。4カード目の九工大1回戦(5月14日)で初めてベンチ入りし、復帰のタイミングを図っていたが結局、九州共立大との優勝決定戦を含めて、登板は見送られた。「投げようと思えば、投げられる。だが、怖さが残る中で再発しては元も子もない」。大久保監督は勇気ある決断を下した。大学選手権も状態を見ながら、慎重に判断していくという。全12球団のNPBスカウトが視察する前で復調した姿を見せるのが理想だが、無理は禁物。秋に万全の投球を披露すれば十分、ドラフト対象としての評価を受けられる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング