週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

山口翔(熊本工高・投手) 「熊本代表」としての責任を胸に

 

甲子園への出場32校が決まる第89回選抜高校野球大会の選考委員会が1月27日に開かれた。10年ぶり21回目となる春の吉報が届いた古豪・熊本工高をけん引する右腕エース山口翔は最速149キロを誇る。さまざまな“思い”を秘め、同校グラウンドで汗を流している。

過去に春20回、夏20回の甲子園出場回数を誇る熊本工高。昨秋は九州大会4強と一般選考枠(九州4)での選出が有力視されており、山口も心待ちにしている


プロへ進んだ秀岳館高主将からの言葉


 約15キロの重量がある丸太棒を持ち、グラウンド1周。田島圭介コーチが、ストップウオッチ片手に目を光らせる。山口翔は設定タイム内にゴールしようと、必死の形相で本塁付近に飛び込んだ。その横で安田健吾監督が大きくうなずく。

「握力を含め、ウエート・トレーニングよりも全身が鍛えられる。大人が持ったら、腰を痛めてしまいますよ……(苦笑)」

 冬場の厳しいメニューも前向きに消化できるのは、身近な目標があるからだ。熊本工高は昨秋の九州大会4強。1月27日のセンバツ選考委委員会での選出が有力視される。出場が決まれば、主将・藤村大介(現巨人)を擁して以来、10年ぶりの春だ。149キロ右腕エースは興奮を隠し切れない。

「全国を経験したことがない。自分の力がどれだけ通用するか、試してみたい」

 私学強豪からも誘いがあった山口が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング