週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

藤岡裕大(トヨタ自動車・内野手) 無念の指名漏れから2年、新たなショート像を確立へ

 

亜大4年時はプロ志望届提出も、無念の指名漏れ。原則的に一発勝負の社会人で2年間もまれ、心身ともに成長し、BFAアジア選手権(台湾)の侍ジャパン社会人代表にも名を連ねている。打って、走って、守って、3拍子にわたってセンスの塊だ。
取材・文=大平明、写真=中島奈津子

侍ジャパン社会人代表に初選出された。元投手で最速150キロを誇る強肩を生かし、トヨタ自動車の先輩・源田壮亮[西武]とは違うタイプのショートを目指す


タイミングさえ合えば打てる。長打力アップへ全身鍛錬


 攻守走の3拍子がそろった身体能力の高い遊撃手として注目され、10月2日から台湾で開催されたBFAアジア選手権に、侍ジャパン社会人代表の一員として出場した藤岡裕大。大学時代は亜大でプレーし、東都大学リーグ歴代9位タイとなる通算104安打を記録するなど、ヒットメーカーとして活躍してきた。

「タイミングさえ合っていれば、どんなスイングでもある程度は打てると思っているので、タイミングの取り方を重視しています。右足でボールをつかまえにいくイメージで、上げた右足をやさしく地面に着き、そこでタイミングを探って振るようにしています」

 出塁率の高さから一番打者として起用される機会が多く・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー