週刊ベースボールONLINE

球界リレートーク2015-2016

 

吉見一起とは同学年の右腕で、治療してくれる先生も一緒という縁があるという岸孝之。次にバトンを渡すのは、2016年までチームメートだったライオンズの新エース左腕・菊池雄星。投げ合いを熱望している

プロ野球交遊録・球界リレートーク2016-2017

「“わがままボーイ”もオトナに。オマエはいったい、何キロを目指しているんだ(笑)」


 吉見からですよね?本人から聞いていますよ(笑)。彼とは同学年でもありますし、治療してくださっている先生が同じということもあり、つながりができました。僕がマウンド上で考えていることですか……。特に何も考えてないですけど(苦笑)。とにかくキャッチャーの要求どおり、自分の球を信じて投げるしかないですからね。

 吉見はコントロールがいいし、頭を使って投げているなあという印象が強いんです。とにかく、高さを間違えることがない。一球一球、いろいろなこと考えているように思います。僕が彼に勝っている部分?ちょっと分からないですね(笑)。とにかくすごいピッチャーだと思っています。

 次にバトンを渡すのは、2016年までチームメートだった西武の菊池雄星にしましょう・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

球界リレートーク

オフシーズン恒例の名物企画。プロ野球選手による週替わりゲストトーク企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー