週刊ベースボールONLINE

球界リレートーク2018-19

プロ野球交流録 球界リレートーク・阪神 板山祐太郎「対戦してイヤな打者ってガンガン派?じっくり派?」

 

ロッテ藤岡裕大が次にバトンを回したのは亜大の同級生の阪神板山祐太郎だった。板山がメッセージを送ったのは、高校のかわいい後輩である若きG投手だ。


 僕の場合、高校(東京・成立学園高)のときに甲子園に出場したことはなかったので、プロ入りして初めて足を踏み入れたときはすごく感動したことを覚えています。そんな甲子園でプレーできるのは本当に最高です。

 藤岡(藤岡裕大)の言うように、阪神のファンの方もすごく熱いので、いいプレーをしたときや、タイムリーを打ったときの声援はたまらなく気持ちがいいです。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

球界リレートーク

オフシーズン恒例の名物企画。プロ野球選手による週替わりゲストトーク企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング