週刊ベースボールONLINE


第20回 最下位大洋を優勝させた三原脩 vs 60年の大洋ナイン

 

誠意のない西鉄に見切りをつけ、好条件の大洋の誠意にこたえた


 西鉄監督・三原脩は58年の日本シリーズ終了をもって「これで西鉄の仕事は終わった」「さらに、その仕事に飽きた。まで行ってしまったようだ」(豊田泰光)と5月5日号の末尾で書いたが、ここから一気にセ・リーグの6年連続最下位球団大洋監督に就任してしまったのには、どんな事情、心理状態の変化があったのか。

 下世話なことになってしまうが、詰まるところは、お金の問題だったのではないか。

 自伝『風雲の軌跡』(ベースボール・マガジン社)によると、58年、南海に11.5ゲーム差をつけられ、V絶望か、となったら(実際は奇跡の大逆転を成し遂げるのだが)西鉄のフロントは、やめてもらいたいというのを匂わせ、逆転V日本一となると、手のひらを返すように「球団重役にするから来年も頼む」。このいい加減さに腹が立って、まあ、59年は、一応義理立てして指揮を執るが、60年に大洋へ、ということにした、とある。

 ただ、大洋をなぜ選んだか、という積極的な理由となると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

「対決」で振り返るプロ野球80年史

「対決」軸から80年のプロ野球史を振り返る読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング