週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2016

西武・熊代聖人 真のターニングポイントへ

 


昨年はプロ入り5年間で最少となる38試合出場にとどまった。今春キャンプもB班スタートと苦境に陥ったが、その目は死んでいなかった。ユーティリティープレーヤーとして、チームになくてはならない選手に──。見事、開幕一軍スタートを決めたが再び二軍へ。しかし、熊代聖人の闘志は燃え続けている。
文=上岡真里江、写真=BBM

野球観が変わった新人年以来のB班スタート


『物は考えよう』とは、よく言ったものだ。一見、悲観してしまいそうな物事も、とらえ方を変えたことで自己変革の大きなターニングポイントになることもある。熊代聖人にとって、2016年春季キャンプは、まさにそれだ。今年こそ右翼に定位置を確保すべく、愛媛での自主トレを順調にこなし、1週間後に始まる2月1日のキャンプインへ向け、心身とも万全の調整を続けていた。そこへ、球団からの発表が届いた。B班(二軍)キャンプスタート──。

「正直、『何で?』と思いました」

 当然の感情だろう。入団2年目から、常に2月1日は宮崎・南郷で迎えてきた。それが、新人年以来、5年ぶりの高知・春野でのB班スタートを通達されたのである。知った瞬間のショックは、さすがに隠せなかった。周囲からも、「何でクマがB班なんだよな?」「絶対おかしいよ!」など疑問の声も挙がった。

 今までであれば、そんな声に同調し、「ふて腐れていたはず」と自ら認める。だが、このときは違った。「何で?」と一瞬ショックを受けた直後、胸に去来したのは「この現実をしっかり受け入れんと、本当に終わる」という危機感だった。そして、冷静に分析した。

「ライトのレギュラー争いの相手に坂田(遼)さん、木村(文紀)さんがいて、じゃあ自分は今どの位置にいるんだろう?と考えたときに、まず打撃力で3〜4番目ぐらいの位置付けになったんです。ならば、B班スタートでもしょうがないですし、それを打破するためには、もう本当にやるしかないと、心から真摯に受け止めることができました」

 ひとたび現実を受け入れると、驚くほどすべてがポジティブな方向へと変わっていった。今年でプロ6年目のシーズンを迎えたが「僕の中で、5年が1つの節目。その考えでいくと、6年目の今年は、10年に向けての1年目で、ある意味『分岐点』なのかなと思っていて。しかも、たまたまとはいえ、ちょうどルーキー以来のB班スタートと、いろいろ重なることもあって、素直に『初心に返ろう』と思いました」

 これまでの実績など一切関係なく、とにかく、ただ必死に一生懸命取り組んでいたプロ入り当時の気持ちを思い出して挑むことを決意した。また、プライベートでも2人目の子どもが誕生予定だったため(5月2日二男誕生)、「飛躍の年にしたい」との思いは、より一層高まった。

 新鮮な気持ちと危機感に満ちて臨んだ5年ぶりの春野には、かけがえのない時間が待っていた。A班(一軍)キャンプでは、どうしても『結果』がテーマとなるため、否応なしにライバルたちを意識せずにはいられない。人と比較し、焦り、空回りしてしまう自分がいた。だが、若手が多く、育成がメーンのB班キャンプでは、6年目、27歳の経験者にとって、じっくりと自分自身と向き合う時間が確保できた。そこで有力な後ろ盾となったのが、宮地克彦二軍打撃兼外野守備走塁コーチだった。「熊代が1年目のとき、ちょうど僕もコーチとしてライオンズに戻ってきた。その、初めて担当した選手が熊代で、しかも、僕が現役時代に着けていた『58』番だったから、なおさら思い入れがあった」という縁から、ルーキー時のキャンプから注目する存在だったという。良くも悪くも“イジられキャラ”の性格も熟知しているため、「あいつに教えるときは、絶対にマンツーマン。人のいないところで、徹底的に追い込む」など、最も効果的な方法で指導してもらえた。また、同コーチの計らいで、特打・特守は常に熟練者・渡辺直人と組んだ。この、渡辺と過ごす日々の積み重ねこそが、熊代の野球観を大きく変えてくれたのだった。


ベテランからの教え、万能選手としての生き方


「練習でも、朝から終わるまで一緒。個別練習も、コーチの方たちが、わざわざ直人さんとペアで特打、特守を入れてくれました。食事のときも、常に隣で食べさせてもらっていましたし、僕が夜間練習を終わって宿舎に帰って来た後なども部屋で話して、とにかくずっとつきっきりで、いろいろ教えてもらいました」

 打撃では、徹底的な右打ち練習を教わった。本職の外野に加え、昨年から本格的に取り組んでいる内野守備では、捕球時のグラブのちょっとした角度に至る事細かな部分まで名内野手に教えを乞うた。食事やグラウンド外での時間では、「『プロ野球選手とは』みたいな深い話から、野球以外の話までいろいろしてもらいました」

 気がつくと、公私にわたり、大きな影響を受けていた。

 積極的に食事に誘うなど、折に触れ自らの経験を惜しみなく伝えてきた理由を、渡辺に尋ねた。

「みんな一生懸命にやっているのは当たり前だけど、その中でもクマは、今年はキャンプから目の色が違うなと思いました。B班スタートだったり、なかなか試合に出られず立場的にも悔しかったことが多かったと思うけど、それでも誰よりも必死になってやっているから、すごいなと思って。それに、素直だし、いろいろなことを吸収しようとして聞きに来る。今どき、若い選手でそういう人懐っこい子はいないから、かわいくて、教えちゃいますね(笑)」

 スタンスとして、「こうしろよ」といった、上からの物言いは決してせず、「俺はこうやってきたよ」「俺はこう思うよ」「自分で選択できる引き出しを増やしてあげられればいいなぐらいの感じ」(渡辺)で、自らの“財産”とも言える経験談を説いてくれる大先輩との会話から学ぶことは、あまりに多かった。その中で、目指すべき選手像、そして野球への姿勢は一変していった。

 入団した楽天で、当時監督だった野村克也氏から3年間、野球のイロハを徹底的にたたき込まれた渡辺は、常々「自分には野村さんの野球が染みついている。僕の今やっている野球は、野村さんの野球」だと話している。そして今回、かわいい後輩に「野村さんから教わったことを、自分の経験を交えて分かりやすく伝えた」(渡辺)。

 その1つが、「自分の持っている能力で、チームでどんな役割を担えるのか。それを早く見極めたほうがいい」だ。先輩からのアドバイスに、生き残りを懸ける27歳は、自問自答を繰り返した。

「自分は、果たして今のライオンズに足りないピースのどこを埋められるのか?」

 そして、導き出した答えが、“ユーティリティープレーヤー”だった。遊撃、右翼と、内外野の定位置がどちらもまだ空席であることを考えれば、当然、レギュラーは目指している。だが、同時に右翼を勝ち取るためには、坂田、木村文を上回る打力、遊撃であれば、十数年内野を専門としてきた選手に劣らぬ守備力が、今すぐにでも求められる。それを考えれば、

「今季に関しては、ユーティリティー選手として、内・外野守備、打撃、走塁のすべてをしっかり人並みにこなし、どこでも任せてもらえるという役割をしっかりやることが、僕がライオンズにとって一番貢献できる場所かな、というのが自分の答えになりました。別に、レギュラーをあきらめたわけではなく、まずは、そのピースをしっかり埋めてから、例えば誰か調子が悪くなって、『ここは熊代で行こう』となったときに結果を残せれば、またチャンスも出てくると思う。とにかく今は、チームの危機を救える存在になりたいと、強く思います」

 この考え方に、宮地コーチも賛同する。

「僕の中では笘篠(誠治、現ヤクルトコーチ)さんのイメージです。外野も守りつつ、内野も守る。そして、左投手のときは、外野でスタメンで出たりもする選手。レギュラーを取りたいという気持ちも当然なので、難しいところですが、チームにはいろいろな“仕事場”があって、例えば四番を打つ人、レギュラーで出る人がいる。でも、それだけでは足りないわけです。右の代打、左の代打、守備固め、代走と、そのすべてのピースがやはり1つずつは必要です。その仕事場をまず確保することが、選手として非常に大事なこと。今、チームには、春から秋までベンチにいて、“スーパーサブ”として年間必ず100試合出る。それを3年、5年と続ける存在がいない。熊代も年齢を重ねてきて、そろそろそういう渋い役割に生きがいを求めてくれるようになってきたら、チームとしての信頼度が高くなる。あえて黒子に徹する、ワキ役を全力でやるスタイルを極めてほしい」

 目指す選手像が明確になれば、迷いはない。本職の外野以上に、内野特守に練習時間を割く毎日を、今現在も続けている。

 もう1つ、渡辺によって変えてもらえたのが、試合中のベンチでの過ごし方だった。

「野球は、止まっている時間が多いから、その時間を有効に使うためにも、常にピリピリしてないとダメ。ボーっとしている時間はない」

 このアドバイスによって、試合に出ないベンチの中でも、相手投手のクセの発見や、次にどの球種が来るのか。自分が打者だったら何を狙うか。場面によって、守備のポジショニングはどこに取るべきか。試合に出ているのと同じくらい考え、入り込むことで、いつ自分に出番が回ってきても、自然と流れに入っていけるようになった。

キャプテンからの言葉、真の意味を理解


今季初打席は3月30日ソフトバンク戦[ヤフオクドーム]、9回無死一塁で代打に立ち見事に犠打を決めた


 新人時と同じ心境に立ち返り、当時と同じコーチの下で、同じ早朝からの体幹トレーニングメニューを志願し、徹底的に身体を鍛え直した。その心身とも充実したキャンプが奏功し、オープン戦を前に一軍に帯同すると、そのまま開幕一軍を勝ち取った。想定どおり、外野の守備固めが主な仕事場だったが、安定したプレーを見せた。また、打席もなかなか巡っては来ない中、初めての代打起用が3月30日ソフトバンク戦[ヤフオクドーム]での“代打バント”だった。

「強烈ですよね(笑)。でも、あのときに、『何が何でも決める』という気持ちで打席に入って、きっちりと決めることができたことで、『キャンプからやってきてよかった』と思えました。そして、『これからも続けて、もっと貢献したい』と、より一層思いました」

 その後も、出場機会は決して多くは巡ってこなかったが、モチベーションを落とすことなく、普段の練習から徹底して“スーパーサブ”としてのポジション確保に努めた。

 プラスのオーラを放つ人間には、プラスの人、出来事が引き寄せられてくるものだ。5月初旬、またしても士気上がる機会に恵まれた。入団時から常にあこがれ、慕い続けている先輩・栗山巧から誘ってもらった1対1の食事の席で、じっくりと野球の話を聞かせてもらった。練習量、ミーティングに向かう姿勢などに話は及び、「熊代が人一倍努力しているのは分かるけど、まだまだできることがあるんじゃないの?」との提言に、感化された。実は3、4年前から、何度か同じような助言を受けていたと明かす。だが、「今まではしっかりとは聞いていましたが若かったので、正直、反発心のようなものがなきにしもあらずで、言われた直後は実践してみるのですが、すぐやめてしまって。でも、今回は本当に言われたことすべての重要性を素直に感じますし、自分なりに噛み砕いて、取り入れ、それが長く継続できています」

 一軍でも二軍でも、試合終了後は極力マシンで打ち込みを行う。また、試合前の練習でも、フリー打撃の最後の組が終わるまできちんとグラウンドにいるなど、練習量だけは絶対落とさないように心掛けている背番号58の姿がある。6月19日、1500安打を達成した偉大な先輩からの「俺らが『もっとやったらどうだ?』というのは、実際にやってきているから言えること」「実際にやった人は、強い」などの言葉の真の意味を、いま、ようやく理解できるようになりつつある。

 だが、よく「一生懸命やっているときには、なかなか結果が出ない」と言われるように、6月10日中日戦[西武プリンス]で巡って来た今季初スタメンの大チャンスで、3打席2三振1四球と結果を残せず。特に、5回二死一塁で回ってきた3打席目、一、二塁間を狙うべき場面で、その絶好球が2度も来たにもかかわらず、ファウル、見逃しと、逸機したことを首脳陣に厳しく指摘された。「熊代の頭の中にも当然、一、二塁間を狙おうという意図はあったと思う。でも、プランを持っていても、彼はまだそれを体で表現できていない」と一軍首脳陣。そして翌日の11日、「もっと打席に立ってこい」と二軍行きを命じられたのだった。

 現在、二軍でも、「初球から行っていいところ、それはダメなところ。バントをするべきところ、積極的に思い切って行くところ。引っ張るところ、流すところ。ベンチの思惑と、打席での熊代の思いが一致できるか」(宮地コーチ)をメーンテーマに、一軍復帰を目指している。

 再登録を目指す上で大きいのは、熊代には“ムードメーカー”という、ほかの選手にはマネのできない大事な仕事場が、もう1つ存在することだ。6月2日DeNA戦[西武プリンス]、完投した高橋光成炭谷銀仁朗とお立ち台に上がる予定だったが、治療のために辞退。そこで、熊代が代役として登壇し、すっかり19歳投手になりきってファンを盛り上げた。「みなさんがウケてくれたので、結果オーライです」。とっさの“なりきり”の舞台度胸は「さすが」の一言だった。そして高橋光成としてインタビューに答えつつも、久々に大勢のファンに歓声を浴びる気持ち良さも感じずにはいられなかった。その瞬間をあらためて振り返り、「途中から、自分が出ちゃっていましたね」と苦笑しつつも、その後、力強く誓った。

「次は自分の役でお立ち台に立ちます。そのときに言う言葉も、もう決めています」

 悲観しがちなB班キャンプスタートを前向きにとらえたことで、「今までの自分も振り返れたし、今後について考える時間となった。そして、『もっとやらないといけない』と気付かせてもらえました。大事な分岐点になった」と目を輝かせる。だが、現時点ではまだまだ道半ば。真の意味で「分岐点」と位置付けられるのは、数年後、あらためてキャリアを見返したときではないだろうか。見出した仕事場“ユーティリティープレーヤー”で突出した存在になれるか。そこに、6年目を『ターニングポイント』と位置付けられるか否かのカギがある。

6月2日のDeNA戦[西武プリンス]では最後に打球を受けて治療中の高橋光に代わって、お立ち台に上がった


PROFILE
くましろ・まさと●1989年4月18日生まれ。愛媛県出身。右投右打。175cm 75kg。今治西高では3度、甲子園に出場して3年夏はエースで四番を任されベスト8進出。高校卒業後、日産自動車、王子製紙を経て、2011年ドラフト6位で西武入団。1年目から貴重なバイプレーヤーとしてチームの勝利に貢献してきた。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング