週刊ベースボールONLINE

真実一路〜野球浪漫〜 2017に懸ける
ロッテ・中村奨吾 覚悟と“8”を背負って「ミスを取り返すことはもうできない。そう思ったら逆に吹っ切ることができました」
ロッテ・中村奨吾 覚悟と“8”を背負って「ミスを取り返すことはもうできない。そう思ったら逆に吹っ切ることができました」

 

チャンスは目の前にあった。一度は手が届いていた。つかみかけていた。しかし、生かせなかった。自ら手放してしまった。チームが、周囲が、何より自分自身が大きな期待をかけていた昨季。自分の“芯”を見失い、厳しい現実を突きつけられることになった。最後の最後で見えたわずかな光明が、2017年の糧となる。
文=杉浦多夢、写真=高塩隆、BBM

プロ野球の世界を知る、確かな経験を積んだ1年目


「チャンスはたくさんあったんですけど。モノにできなかったというか、自ら手放したというか……」

 2015年オフ、今江年晶がFAで楽天へ、クルーズ巨人へと移籍し、ロッテの内野は一気にレギュラーポジションが2つも空いた。さらに二塁のレギュラーと目された新外国人のナバーロが、不祥事によりチームから開幕1カ月の出場停止処分を科されていた。

 2016年シーズンの開幕戦、QVCマリン(17年からZOZOマリン)での日本ハム戦(3月25日)で、中村奨吾は九番・二塁で先発に名を連ねる。「チームから期待されていることは分かっていた」という中村は、2年目にして開幕スタメンの座を勝ち取った。しかし、それは飛躍への第一歩ではなく、悩み苦しむことになる苦闘の1年の始まりだった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング