週刊ベースボールONLINE

野球浪漫 進むべき道を切り開け〜勇往邁進〜
DeNA・戸柱恭孝 コワモテ捕手の骨太人生 「僕は本当にノーマークの選手でしたから」
DeNA・戸柱恭孝 コワモテ捕手の骨太人生 「僕は本当にノーマークの選手でしたから」

 

プロ1年目で正捕手のポジションに就き、CSの大舞台も経験。2年目の今シーズンは、引き続き投手陣をけん引するとともに、バットでも投手を助け、チームの勝利に貢献。社会人3年を経て入団したオールドルーキーの野球人生を振り返る。
写真=BBM

高校で投手は断念。三塁手を経て捕手に転向


 割れんばかりの大歓声が降り注いだ。主人公は本拠地・横浜スタジアムのお立ち台でそれを浴び、しかし厳しい表情を崩さなかった。

「必死に食らいついた。もう、必死です」

 戸柱恭孝が輝いたのは6月4日のソフトバンク戦。1点を追う6回二死満塁だった。相手はWBCでオールスターチームにも選ばれ、日本を代表する右腕の千賀滉大。1ボール2ストライクから決め球のフォークをファウルにし、最後は直球を中前へ落とした。逆転の2点適時打。チームの連敗を4で、そしてソフトバンク戦の連敗も7で止めた。「みんなのおかげです」。プロ2年目ですっかり正捕手の座を射止めても、常に謙虚さを忘れない好漢。

「僕は本当にノーマークの選手でしたから」と昔を懐かしみ、コワモテの表情を崩した。

6月4日のソフトバンク戦[横浜]では6回裏に難敵・千賀滉大から値千金の逆転タイムリーで試合を決めた。試合後は駒大の後輩左腕、今永昇太[右]とお立ち台に上った/写真=松岡昌平


 鹿児島県肝属郡内之浦町の出身。戸柱家にはいつも白いソフトボールが転がっていた。地元では軟式野球より盛んだったスポーツ。野球経験のある父・浩一郎さんの手を握り、幼稚園で初めて触れた。母・弘美さん、兄・新太郎さんもかつて選手だったというスポーツ一家。小学1年から本格的に初め、才能を開花させるのに時間はかかならかった。

「毎日が楽しかったです。野球を始めたという意味では、兄の影響が一番でしょうね。そういう恵まれた環境で生まれ育った。感謝しなければいけないですよね」

 中学1年から地元の軟式野球チームに入り、3年間はずっとエースで四番。絶対的な存在として周囲から信頼され「ピッチャーでプロ野球選手になりたい」と大きな夢を抱くようになった。

 まったくの無名を自覚しながら、確かな成長曲線を描いていた。硬球に握り替えた地元の鹿屋中央高。最初の働き場はマウンドだった。「まさかでした。ショックでどうしようもなかったですね」と当時は頭を抱えるのだが、転機は1年夏にやって来た。神村学園高との練習試合に先発。自信と希望は、強力打線によってひねりつぶされた。

「初めての挫折だったかもしれません。1つのアウトも取れず、1回で交代です。7、8点取られたと思います。軟式のときは、あんなに抑えまくっていたのに……」

 直球の球威は言うまでもなく、覚えて間もないカーブやスライダーも発展途上。ことごとく打ち返された。茫然自失で参加した全体ミーティング。浅野孝浩監督からはさらに、衝撃的な言葉がかけられた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー