週刊ベースボールONLINE

野球浪漫 進むべき道を切り開け〜勇往邁進〜

ロッテ・三木亮 考える力 「チームの顔になれるように、そんな選手になりたい」

 


守備のスペシャリスト──。その一芸はチームに不可欠なものだったが、レギュラーの座は遠かった。それが今春、遊撃のポジション争いが勃発。一度は争奪戦から脱落したものの、自らの立ち位置と真摯に向き合いながら、三木亮は再び這い上がろうとしている。
文=氏原英明(スポーツジャーナリスト)、写真=内田孝治、BBM

遊撃のポジション争いに敗れ自らの課題と向き合う


 2017年シーズンはしんがりからのスタートだった。

 昨年までショートを務めていた鈴木大地がセカンドへコンバート。その空いたポジションを中村奨吾平沢大河と争ったが、世間の目が彼に注がれることはなかった。

「キャンプ中に夜のニュースを見たら、ショートのレギュラー争いは大河と奨吾の一騎打ちみたいになっていて、全然、自分が映し出されていなかった。『その練習、俺もやっててんけどな……』と思いながら見ていました。それはしょうがないんで、どこかでチャンスをもらえれば。そのときに、いいパフォーマンスをしようと思っていましたね」

 15年、16年ドラフト1位の知名度の前に、三木亮は同じ土俵へ上げてもらえることさえ叶わなかった。そして、オープン戦中、二軍降格を命じられた。

 それが、である・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー