週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2017

中日・若松駿太 “あの人”とともに 「『ありがとうございます』の言葉しかない」

 


高校時代は無名ながらプロ3年目に10勝を挙げて飛躍を果たした右腕。自身をプロの世界へと導いてくれた恩人への感謝を胸に、悔しい日々からの巻き返しを図っている。
写真=BBM

背番号「61」のルーツ


 帽子のつばの裏を、上目で見る。油性マジックで記した「麿史」の名。若松駿太の鼓動は、途端に落ち着きを取り戻す。孤独なマウンドでも「ひとりじゃないんだって」。気が付けば、顔も上を向いている。父のような人と交わした約束。「どんなに苦しいときでも下を向くな」。もう5年も守っている。少しは褒めてくれるだろうか──。

 穏やかな表情が印象的だった。福岡・祐誠高2年秋。練習中のグラウンドに、スーツ姿の中年男性がやって来た。中日の九州担当スカウトを務める渡辺麿史。1980年前後に、近鉄で5年間プレーした元投手とは失礼ながら知らなかった。交わしたのは、あいさつ程度。だが、他球団のスカウトと明らかな違いがあった。ひとつは、同じ久留米市在住という親近感。そしてもうひとつは、期待を込めた熱意だった。

「プロに行くチャンスがあるかも」

 淡い期待を抱くも、特出した個性がないのも分かっていた。投手ながら、当時は遊撃手も兼務。背番号は15番を着けていた。初めて視察してもらった日も、一塁へのスローイング練習の真っ最中。

「何で投手をやらせないんですか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー