週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2017

日本ハム・大田泰示 全力野球を追い求めて 「全力プレーをするのは不器用だから。そういうことしかできないから」

 


巨人のドラフト1位でスタートした、華々しいプロ人生。大田泰示は人一倍の期待を背負う中、持ち味である「全力プレー」からかけ離れ、苦悩に苛まれた。だが苦節を経て、新天地の日本ハムで息を吹き返した。プロ野球選手の概念を覆され、全力プレーに心奪われた少年時代。自身のスタイルを確立し、羽ばたいた高校時代。そして見据える、現在の密かな目標とは──。決して勇往邁進ではなかった、紆余曲折の野球人生の軌跡を辿る。
文=熊谷僚(スポーツライター)、写真=高原由佳、BBM

不器用な少年が焦がれた「一生懸命」な姿


 砂埃をまき散らし、迷わず飛び込んだ。メットライフドームで行われた4月23日の西武戦。大田泰示は今季初打席で、信念を体現した。2回無死二塁。打球は遊撃手の守備範囲。ゴロでも、一塁ベースに向かってヘッドスライディングした。立ち上がると、ズボンのベルトは切れていた。気迫満点で内野安打につなげた。「ケガを恐れていたら、野球にならない」。3月に左腹斜筋の筋挫傷を負い、この日が今季初昇格初出場。野球選手として掲げ続けてきた「全力プレー」に、新天地のファンは大歓声で歓迎してくれた。ワンプレーに全身全霊を注ぐ男を堂々、証明した。

「自分の中で全力プレーをするのは不器用だから。そういうことしかできないから、それは自分の中で絶対モットーにしている。忘れちゃいけない部分。調子が悪いときがあれば人って落ち込むし、気持ちもダレるし、全力でやらなくなるのがやっぱり人間だと思う。だけど自分の中ではダメなときでも、一生懸命やっている姿をお客さんに見せるのが僕らの仕事だと思うし、それを見て何かを感じてくれる人も絶対にいる」

 少年時代の鮮烈な記憶が、プレースタイルの根底にある。広島県北部にある三次市出身。現巨人打撃コーチの二岡智宏や現阪神二軍育成コーチの福原忍らプロ野球選手を多く輩出してきた地で3歳まで育った。物心がついたときには、三次高校で投手だった父・幹裕さんとキャッチボールを始めていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー