週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

榎田大樹 原点回帰でもう一花咲かす 「今の球筋はルーキー時代のそれに近いイメージ」

 

輝きを放ったのは7年も前の話になってしまった。救世主的な存在の中継ぎ左腕として活躍した榎田大樹。ケガなどから復活を期すも気が付けば昨季は3試合のみの登板に終わった。その悔しさを胸に、今季こそ──。デビュー当時の投球を思い出す原点回帰で、再起を期す。
文=佐井陽介(日刊スポーツ新聞社)、写真=佐藤博之、BBM


年々、日に日に危うくなっていく立場の中で


 愛娘にウソはつけなかった。

 甲子園から横断歩道を1本渡ると、大型商業施設「ららぽーと甲子園」がある。2017年のある休日。榎田大樹が家族で買い物に出掛けた日のことだ。目的地に到着する直前。甲子園を右手に眺めながら車を走らせていたとき、3歳の長女が満面の笑みで聖地を指さした。

「あっ、ここはパパが仕事しているところだね!」

 痛いところを突かれた父親は、苦笑いで首を振った。

「あのね、今はちょっと違うんだ。ここから車で15分ぐらい行ったところで、今は仕事をしているんだよ。またここに戻れるように、頑張らないとね」

 阪神の二軍本拠地、鳴尾浜球場は甲子園から車で15分の場所にある。自分は一軍の選手ではない──。榎田は今、決して目を背けることなく現実と向き合い、逆境を乗り越えようとしている。

「自分のやるべきことをしっかりやって。こんな言い方が正しいかどうか分からないけど、野球を楽しもうと思っています。野球を楽しむためには、試合に勝たないといけない。勝つためにはいい投球をしないといけない。いい投球をするためには、地道な練習を避けてはいけない。そう考えれば、やるべきことは単純明快ですからね」

 プロ人生の船出は順調そのものだった。10年秋、ドラフト1位で指名され入団・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング