週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

巨人・吉川光夫 あの輝きを超えて―― 「もう1度、2012年を超えたい。そして、巨人で日本一になりたい―」

 

電撃トレードで日本ハムから巨人入りした昨シーズン、わずか1勝と不発に終わった。2012年のパ・リーグMVP左腕は、30歳の節目で迎える12年目の今シーズンを「勝負の年」と自覚する。山あり谷ありの野球人生の中、あの輝きを超える「キャリアハイ」を追い求めて腕を振り続ける。
文=西村海(読売新聞東京本社運動部)、写真=小山真司、BBM


幸先良いスタート


 4年ぶりのリーグ制覇、6年ぶりの日本一奪回を狙う巨人では開幕前、熾烈な先発ローテーション争いが繰り広げられていた。昨季14勝を挙げたM.マイコラスがMLB・カージナルスへ移籍。絶対的エースの菅野智之、昨季2年連続で2ケタ勝利をマークした田口麗斗に加えて、自身のトラブルで昨季1勝の山口俊西武からFAで加入した野上亮磨の4人がローテ入りに当確ランプをともしたが、残る2枠は開幕目前まで確定しなかった。その座を虎視眈々と狙っていたのが吉川光夫。オープン戦2試合で9イニングを投げて自責点1、防御率1.00と結果を残し、開幕ローテに滑り込んだ。移籍1年目の昨季も開幕ローテーションに入りながら、なかなか勝ち星を挙げられず、ついには中継ぎに降格。シーズン終盤に再び先発復帰し、9月にようやく初勝利を挙げたが、最終的に1勝と不本意な成績に終わっていた。

 巻き返しを図るべく、最年長で参加した昨秋キャンプから直球に磨きをかけ続け、春季キャンプ終盤から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング