週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

ソフトバンク・加治屋蓮 “優男(やさお)”からの脱却 「突然、何が起こるか分からないですから」

 

大切な人との約束を果たし、プロの世界へ。しかし、右腕の人柄が飛躍を邪魔した。5年目のシーズン開幕を前に、コーチからの厳しい言葉で気づかされる。勝負の世界に“優しさ”は不要!強気な姿勢で、ついに自分のスタイルと居場所をつかんだ。
文=田尻耕太郎(スポーツライター)、写真=湯浅芳昭、BBM ※成績・記録は9月12日時点


同期たちとは対照的に


 マウンドには走って向かうのが、加治屋蓮の流儀だ。

「ダラダラ歩いていくのって何か違うと思うんです。子どものころ、ホークス戦をドームに観に来たことがあって、そのときに投げていたのが斉藤和巳さんでした。全速力でマウンドに向かう姿が、気持ちが出ていてとてもカッコよかった」

 9月9日、ヤフオクドーム。加治屋の名前が球場内にコールされた。今シーズン59試合目となる“ダッシュ”だ。出番は1対0でリードの8回。よほど信頼のおけるセットアッパーでなければ託されることのない、最高潮に緊迫した場面で送り出された。この時点で59試合登板はチーム内で一番の数字。パ・リーグでもロッテ益田直也にわずか1差の2位である。まさしくフル回転のシーズンを過ごしている。

「周りは疲れを心配してくれるけど、僕はどんな試合だって投げたいと思っています」

 登板数は信頼の証だと考えている。

「シーズンが始まったときは、こんな数字は想像もつきませんでした。ここまで来たら60だって70だって投げたいと思っています。周りの方はやっていれば自然と増えていくだろうと思っているかもしれませんが、僕にそんな考えはありません。突然、何が起こるか分からないですから」

 昨年まで、入団4年間で一軍マウンドは4試合しかなかった。

 2014年ドラフト1位でソフトバンク入り。松井裕樹(現楽天)、杉浦稔大(現日本ハム)をいずれも抽選で外しての「ハズレ、ハズレ」の1位だったが、球団は150キロ近い速球と140キロ台の高速フォークという類稀な武器に惚れ込んで高評価で指名をした。その証の一つが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング