週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

ロッテ・唐川侑己 もう一度、まっさらな“丘”へ 「先発にこだわって二軍にいるよりも、一軍で投げたい気持ちでいっぱいだった」

 

未来のカモメのエースを期待されながら、思うような結果を残すことができないまま、地元出身の右腕は11年目のシーズンを迎えた。そこに訪れた指揮官の打診、思いもよらない転機。得た経験を糧に、2019年シーズンは再び先発マウンドに立つことを誓う。
文=田口礼(フリーライター)、写真=井田新輔、BBM


指揮官からの打診


 それは29歳の誕生日だった。7月5日のオリックス戦(京セラドーム)。唐川侑己は4試合目で今季初勝利を飾った。ただ、試合後にチームメートとハイタッチする表情は、どこか曇りがちだった。2カ月ぶりの一軍先発マウンドで6回2失点は合格点にも思えたが、制球に苦しみ、先制点を許し、到底、納得いく内容ではなかったからだ。こんなものではない。周囲が思う以上に、自分自身が不甲斐なさを感じていた。

「チームの足を引っ張ってきましたし、やってきたことをすべて出そうと思いました。ここで(この時期)初めて勝つようでは情けない。誕生日どころではありません」

 5月5日の日本ハム戦(札幌ドーム)までに3戦3敗と結果を出せなかったシーズン。この4試合目は背水の陣の思いが強かった。だから通常は登板3日前に行うブルペンでの投球練習を登板前日にも行うなど、最後までもがいた。そして白星はつかんだ。

 ただ試合後、井口資仁監督から告げられたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング