週刊ベースボールONLINE

吹けよ新風 プロスペクトたちの挑戦

楽天・安樂智大インタビュー 上質を求めて

 

成功と失敗が入り交じったシーズンを経て迎える3年目。春季キャンプでは山積する課題と正面から向き合う日々を送った。済美高時代に“怪物”と騒がれた20歳の右腕が今、大きく羽ばたこうとしている。
取材・構成=富田庸、写真=上野弘明(インタビュー)、BBM

楽天安樂智大・投手・3年目


5回のカベを乗り越えて


 沖縄で過ごした3度目の春季キャンプ。スケールアップの予感を漂わせている。2月22日、巨人との練習試合[那覇]で4回を無安打無失点。梨田昌孝監督は「胸板も厚くなっているが、野手の信頼も厚くなる」と、好投を見せた右腕に目を細めた。

「オフの間から取り組んできた体作りを継続すること。それもしっかりできているので、しっかりと投球フォームにマッチさせるということを、この春季キャンプでは意識してきました。体重は1、2キロ増えた程度ですけど、体脂肪率も減って体つきは変わってきていると思います。このトレーニングの成果をもっと実戦で出してきたいですね」

 高校時代の故障もあり、1年目は一軍で1試合の登板に終わったが、2年目は主に先発として15試合に登板。成績こそ3勝5敗と負けが先行したが、その数字以上に貴重な経験を積んできた。

「昨季は先発を数多く経験させていただいたと思いますし、その中で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

プロスペクトインタビュー

各球団の将来を担う若手有望株へのインタビュー。現在の不安や将来への希望が語られます。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー