週刊ベースボールONLINE

記録の手帳 / 千葉功

一流バッターの証。打率「3割」を狙う男たち

2017年2月26日(日) 11:00 

日米を問わず最近は20勝投手が減少しているのは前号で紹介した。投手を必要以上に酷使するのは損であることがデータの側面でもすでに実証されているからだが、打者に関しては相変わらず打率「3割」が一流打者の目安となっている。今号は新旧打者の「3割」への挑戦にスポットを当ててみたい。

今シーズンから巨人に加わった陽岱鋼はプロ11年間で一度も3割を打った経験がない。それだけに新天地で大きな壁を突き破りたい


現役23年間で16度の3割達成


 3割が打者の大きな目標の1つであるのはいまも昔も変わらない。評価としては現役を通じての通算打率、また3割を達成した回数で比較する両方がある。3割を打った回数が最も多いのは張本勲(東映ほか)16回で、現役生活23年間のうち20度規定打席に達して、通算打率.319をマークした。

 プロ入りした1959年は打率.275だったが、翌60年から62年にかけて3年連続の3割台。63年と65年は3割を逸したが、66年から74年までは9年連続で達成した。75年は2割台に終わったが、76年から78年まで3年連続の3割台。だが79年から3年続けて2割台に終わると、この年限りで引退。23年間の現役生活で新人の59年から78年までの20年間で規定打席に達し、届かなかったのは現役最後の3年間だけだ。

 この張本に比べ、川上哲治の3割到達は12回と少ないが、時代の背景を見るとびっくりする内容である。38年に巨人入りしたときは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

記録の手帳

プロ野球アナリスト千葉功によるコラム。様々な数値から野球の面白さを解説。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー