週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

連敗を聞いて悲しくなったわ。弱い巨人ではダメなんよ。やはり、強い巨人でないとプロ野球は面白くない!

 

まさかの大型連敗を食らってしまった巨人。高橋監督もいろいろな策を試みていると思うが……。あとは戦略や起用法で表現して打開するしかないな


巨人の大型連敗はベンチの危機管理の甘さやな


 ラジオでの解説の仕事で京セラドームに向かったのが6月6日。オリックス阪神の“関西ダービー”やった。この2チームの監督だった身としては大いに楽しみな戦いであり、幸い両チームとも好調よ。その夜は阪神が一方的な戦いで圧勝……。勝敗の行方がほぼ決まった終盤。オレが気になっていたのは東方面の試合経過やった。

 そらそうよ。あの巨人が連敗地獄にはまり、もがきまくっている。でも、この夜はエース・菅野(菅野智之)が先発し、打線も先制した。これで連敗は止まる……と、オレも遠く離れた京セラドームでホッとひと息ってところやった。

 ところが途中経過が飛び込んでくるたびにドヒャッとする。追いつかれ、勝ち越され、その後は抵抗することなく、まさかの連敗続行。菅野でも勝てず、ついに11連敗……。これは巨人軍の長い歴史の中でワーストタイと聞いた。さすがにズシリとこたえる数字よ。オレも監督8年で、大型連敗を食らったことはあるけれど、ここまで伸びたことはない。その巨人は翌7日も完封負けで、12連敗。球団ワースト記録になってしまった(原稿締め切りまで13連敗)。

「そこでですけど、この連敗、岡田さんはどう分析しますか……」とタイミングよく振ってきたのが、いつもの編集担当S君。球界全体、まさかの事態に、相当混乱しているようだ。そらそうやな。開幕前の予想で、巨人優勝説をあげた解説者は多くいた。オレ? オレも巨人を優勝にしたわ。戦力的にも広島、阪神より上にいく、と思っていたしな。

 それがこの時期の超大型連敗よ。想像してもなかったし、これで巨人優勝の可能性は、極めて薄くなった……と言わざるを得ない状況になったわな。

 チーム状況、チーム事情を詳しくは分からない立場で、語るのは申し訳ない……という気持ちもあるけれど、オレの経験上、はっきりしているのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング