週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「新外国人打者の見極めは自分のスイングができ、軸がブレない選手やわ。今季はそんな選手が何人いるかやな」

 

入団当初は2番手外国人だったバース。ただ最初からボール球を打たない、軸のしっかりしたスイングをしていたわ。日本野球に慣れたら史上最強の助っ人になったわ/写真=BBM


バースはもともと2番手それが史上最強助っ人に


 懐かしい話になるが、“阪神ファン”なら思い出す外国人選手でラインバックがいた。ファイトあふれるプレーで、ホンマ、人気があったよね。オレが入団した1980年。この1年だけの接点で、そのオフに退団した。

 彼のことは、先輩からよく聞いていた。76年、初来日のあとのキャンプ。とにかく打球が外野まで飛ばない。まともな当たりがなく、見ていた誰もがズッコケた……という逸話が残る。同時入団の大物ブリーデンがいたので、ラインバックは2番手の外国人選手。それでも、あまりのひどさに、キャンプの時点であきらめたようだ。

 そのとき、彼を指導したのが打撃コーチの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング