週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「12月は契約更改と補強の時期となれば巨人の出番やな。危機感タップリに今年は活発。丸を獲得すればV候補の本命や」

 

原監督が就任し、以前のように補強が活発になった巨人オリックスを自由契約になった中島[写真右]やFAで炭谷を西武から獲得。これで広島の丸を獲得できるようだと一気に優勝候補になるなあ/写真=山口高明


契約更改交渉は年1度だけ。話し合いは大切にしてほしい


 時は流れ、もう12月よ……。アッという間に師走や。年を重ねるにつれ、ホンマ、1年が早く感じる。そうこうしているうちに2019年を迎え、こうなれば五輪イヤーの2020年もアッという間やろな。

 この12月、球界は完全オフとなり、契約更改交渉が連日、行われる。年に一度、選手と球団側がヒザを突き合わせ、腹を割って話せる機会やし、中身は金のことだけではない。オレは現役時代“保留”したことがなかったな。まあ事前に、電話で下交渉があったし、モメることはほとんどなかった。もともとお金でモメるのはイヤなほうやったし、イメージ的にも、ね。だから交渉となれば、話し合ってハンを押して、一回で終了……ということやったけど、一度だけ長引いたことがあった。

 阪神時代の終わりころやったと記憶する。アップ査定で提示額は増えていたんやけど、その幅が低くて、オレはどうしても納得がいかんかった。オレにしては珍しく時間をかけて球団に訴えたわ。これまではほとんどが数分間で更改を終えていたけど、このときだけは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング