週刊ベースボールONLINE

ファーム選手クローズアップ

西武・呉念庭 首脳陣の評価も高い野球勘を持つ遊撃手

 

潜在能力抜群の内野手として期待を受ける台湾出身の22歳。好きな言葉は一生懸命。ひたむきに異国の地で野球と向き合っている。


「試合で使いたい」「もっと見たい」。いま、二軍首脳陣の育成意欲をかき立てているのが新人内野手の呉念庭だ。「走攻守、三拍子そろう可能性のある選手」と横田久則二軍監督も大きな期待を寄せる。

 中でも評価が最も高いのは打撃だ。「下半身の捻じり方もうまいし、バットが内側から出てくる非常にしなりのある柔らかいバッティングで、強い打球が打てる」と宮地克彦コーチ。また、横田監督も「選球眼が非常に良く、紙一重の球を見極められている」と出塁率の高さを称える。

 本人が「一番の課題」だとする守備も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング