週刊ベースボールONLINE

ファーム選手クローズアップ

ヤクルト・山崎晃大朗 来季の飛躍へ!好守光るスピードスター

 

1年目から一軍を経験するも「すべてが物足りない」と監督に言われ二軍落ち。本人も一番痛感していたことだった。現実を知り、悩み、もがき、必死に成長を続けている。


 開幕一軍こそ逃すも、7月31日に一軍初出場、8月5日にプロ初安打と順調なプロ野球人生のスタートを切った。と思われたが、山崎晃大朗の胸中は真逆だった。

「7試合の一軍出場でこれならいけると思えたものがなかったんですよ。今のままだったら何一つ通用しないな、と」

 一軍を経験したことで投手のレベルの高さを体感できたこと。出塁し、盗塁を狙うのが自身の進むべきスタイルだと見えたことは確かだった。だが真中満監督からの「すべてが物足りない」という言葉に納得するしかない自分がいたことも確かだった。守備ではプロ選手の打球が読めず、動き出しに迷いが生じ、打撃でも「大きいのを狙うわけじゃないけど、小さくなりたくない」と力強く振ることを意識するあまり三振が増える悪循環に陥ってしまう。二軍では自分との戦いの日々だった。

 ただ、「今年イチの収穫」もあった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー