週刊ベースボールONLINE

進め!次代のスター候補たち ファーム便り

広島・長井良太 伝統の育成力で急成長

 

本格的な投手経験は高校入学後と遅いが、だからこそ人一倍の伸びしろを秘めている。早くも二軍戦で実戦登板を重ねる右腕は、1試合ごと、1日ごとに次のステージへと進んでいる。

投手/1年目/18歳


 プロ野球の世界に飛び込んだ18歳は飛躍的な成長を遂げている。かつては体重が落ちることがあった夏だが、今年は様子が違う。トレーニングや栄養面の意識も高まった。練習の合間にはバナナを口にするなど細かな努力を積み重ね、入団当時79キロだった体重は82キロまで増えた。もちろん、スケールアップした体は球質に変化を与えた。

「ボールを受けた捕手に、球の質が重くなったと言われます」

 長井良太が投手を本格的に始めたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー