週刊ベースボールONLINE

進め!次代のスター候補たち ファーム便り

ロッテ・柿沼友哉 強肩自慢のたたき上げ

 

育成から支配下契約を勝ち取り、そして世界を制した2016年。さらなる飛躍を期した今季、カベにぶつかりながらも、すべての経験を糧にして、少しずつ、しかし着実に、柿沼友哉は、進化を遂げている。
※一軍での成績・記録は10月1日時点

捕手/2年目/24歳


 最低限の目標には達した。だからこそ、悔しさがつのった。「一軍に上がって試合に出ることはできましたけど、そこでつかみ切れなかった。チャンスをつかんで(シーズン最後まで一軍に)残りたかったので」。

 育成契約だった昨季は二軍でレギュラーの座をつかみ、シーズン途中に支配下契約を勝ち取った。迎えた今季、6月16日に初の一軍昇格。同17日の巨人戦[東京ドーム]では代打でスクイズを決めプロ初打点をマークしたが、マスクを託されたのはわずか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー