週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

西武・綱島龍生 可能性は∞!ウサギのような18歳

 

全国的には無名の存在だったが潜在能力が買われて今年、ドラフト6位で西武に入団した綱島龍生。俊足、強肩、そして野手の間を抜く打撃が魅力の18歳だ。その可能性は無限大。どこまで成長を遂げるか楽しみだ。

内野手/1年目/18歳


「ウサギみたいなところ」

 球団リリースのプロフィル、『セールスポイント』の欄に、そう記した。足の速さと身体能力が獲得の決め手となったと、担当スカウトから言われた言葉だという。

 ピッタリの表現だ。18歳らしく、あどけなさを残すつぶらな瞳と純朴さが魅力の顔立ち。グラウンドに出れば、跳ねるように走る俊足と強肩が大きな武器。そのかわいらしさと跳躍力はまさにウサギのイメージだ。

 7月29日現在、出場は23試合と二軍の野手の中で最少。だが、入団から半年、着実な成長を見せている。一番の収穫は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング