週刊ベースボールONLINE

輝くファーム一番星

ロッテ・安田尚憲 未来のカモメの四番候補

 

カモメ軍団の積年の課題である和製大砲の不在。そんな悩みを近い将来、必ずや解消してくれるであろう期待の若きスラッガーは、得た経験を確かな糧としている。

内野手/1年目/19歳


 ロッテ浦和球場で行われていた1月の新人合同自主トレでは、1球たりとも打球がサクを越えない日があった。それがどうだ。188センチ、100キロ。プロ入り時よりも5キロ増量し、体つきもプロらしくなった安田尚憲のバットからは軽々とアーチが描かれるようになった。もちろん、高校通算65本塁打の力は秘めていたが、それを目覚めさせたのは技術だけではない。一番の変化は「責任」だった。

「オールスター明けから二軍で四番を任せてもらい、チャンスで回ってくることが多くなった。二軍も勝つことは大切。大事な役割と責任感がありました」

 立場が人をつくる。打撃の数字は不思議と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング