週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

ソフトバンク 内川聖一、最優先は治すこと

 

 左手をギプスで固定した主将の姿は痛々しかった。左手親指の剥離(はくり)骨折で離脱中の内川聖一外野手が8月1日、福岡県筑後市のファーム施設でリハビリを開始。軽めのランニングに、右手にはめたグラブでボールを受け、グラブを外して右手で投げ返すというキャッチボールを行った。離脱した無念さを押し殺し、内川は「今はあまり、先のことは考えない」と気丈に振る舞った。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー