週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

広島 磯村嘉孝、打でもアピール

 

 8月1日のオリックス戦(由宇)は延長10回の末に3対4で敗戦したが、リードされても2度追いつくなど粘り強さを見せた。打線で光ったのは八番・捕手で先発した磯村嘉孝捕手。5回のタイムリーを含む3安打1打点をマークし、猛打賞を記録した。今季、一軍では7月2日の中日戦[マツダ広島]で初本塁打を放った磯村。坂倉や船越ら打力のある捕手は多いが、負けじと安打を重ねた。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー