週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

ソフトバンク 岩嵜翔 ブルペン入りも見えた

 

 4月12日に受けた右ヒジの手術後、筑後のファーム施設でリハビリを続けている岩嵜翔投手。5月中旬から再開しているキャッチボールの距離が、29日にはこれまで最長の75メートルまで伸びた。「まだヒジをかばっている部分はある」と語るが、順調な回復ぶりに表情は明るい。この調子で行けば近いうちにブルペン入りの見通しも。主戦力に離脱が相次ぐ投手陣にとっては久しぶりの吉報となった。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング