週刊ベースボールONLINE

ファーム通信

オリックス 山崎颯一郎が不安定な立ち上がり

 

 克服すべき課題を露呈した。8月1日のウエスタン・ソフトバンク戦(舞洲BS)で、山崎颯一郎投手が先発マウンドへ。初回、先頭打者に四球を与えると2失点。2回以降は立ち直るも、5回に2点適時打を浴びて4回2/3を4失点で降板し、チームは1対4で敗戦した。今春キャンプでは一軍に抜てきされた期待の高卒2年目の長身右腕。立ち上がりに不安を残し、今季ファーム6敗目を喫した。

関連情報

関連キーワード検索

12球団ファーム情報をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング