週刊ベースボールONLINE

西武・秋山翔吾のコラム

今週のテーマ=ヒーロー

 


当連載を務める秋山翔吾選手への質問を募集します。上記のリンクからお寄せください

幼稚園の卒業文集には「イチローさんみたいに……」


 今週末、8月13、14日のオリックス戦で「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」のイベントが開催され、子どもたちのヒーロー「動物戦隊ジュウオウジャー」が西武プリンスドームに登場するようですね。

8月13、14日のオリックス戦[西武プリンス]で「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が行われ、選手を応援するため「動物戦隊ジュウオウジャー」が登場する


 誰しも自分にとってのヒーローを心に抱いているでしょう。僕が幼いころのヒーローはやはり野球選手。幼稚園の卒業文集には「イチローさんみたいに打ちたい」と書いていました。1994年、すい星のごとく現れてヒットを量産したイチローさん。その名前は社会現象となり、街中にあふれていたから自然と「すごい選手なんだ」と子ども心に植え付けられたと思うんですよね。

 イチローさんと同様に、基本的には家族で巨人ファンだったのでジャインツの選手にあこがれていました。僕の利き腕は右。ですが、父親が僕をプロ野球選手にさせたくて、一塁に近いという理由から、物心がつく前から左打ちになりました。当然、ジャイアンツの選手でも左打者に注目するようになります。まずは松井(秀喜)さん。理屈ではない。あの豪快な打撃は子どもを虜にします。日本テレビが、松井さんが本塁打を放つたびに発行していたホームランカードも集めていましたから。そして現在、監督としてチームを率いている高橋(由伸)さん。大きな放物線を描く松井さんの打球とは違い、鋭いライナーを放つ打球にしびれました。

 ただ、自分が経験を重ね、野球が分かってきて、松井さんたちは自分のプレースタイルと違うと気付いたのでしょう。そんなときに目に飛び込んできたのは同じ巨人の清水(隆行)さんでした。細身ですが、シャープなスイングで安打を稼ぐ。2002年に最多安打のタイトルを獲得されたときの安打数が191だったということを、いまだに覚えていますからね・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

秋山翔吾の“Show Must Go On!!”

現役選手による隔週連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング